映画「るろうに剣心」 と 集団的自衛権
69回目の終戦記念日は、
曇り空に、雨が時折降った。

三田へ、映画「るろうに剣心 京都大火編」を観に行ってきた。
いろいろと考えさせられた。
戦争についてだ。

さて映画の主題だが、
明治維新の内乱という戦争下での、ある剣士の心の葛藤についてである。




Mighty Long Fall

When we met the pain stood still
It was us

Then suddenly it’s where’d you go?
The system blew I knew

This side of me I want a little more
But inside it seems I’m just a little boy
Nothing else

Don’t go it’s a mighty long fall
When you thought love was the top
Oh no it’s a wake up call
When your life went into shock
It seems like gravity keeps pulling us back down
Don’t go it’s a mighty long fall
When you know time is up

嘘を一つ 愛を二つ
それでなんとかやり過ごしてきたでしょ?
でもそれじゃもう僕をダマせないでしょ?
じゃどうする?どうしよ!

Don’t go it’s a mighty long fall
When you thought love was the top
Oh no it’s a wake up call
When your life went into shock

描きたがりな未来に明日はない
いっそどうせ痛むなら傷め続けよう

Get up Get up Get up Get up
Time to make amends for what you did
Get up Get up Get up Get up
Running with the demons in your head
Let’s shout it out completely
You never really wanna know
Let’s shout it out were screaming oh oh

Don’t go it’s a mighty long fall
When you thought love was the top
Oh no it’s a wake up call
When your life went into shock
It seems like gravity keeps pulling us back down
Don’t go it’s a mighty long fall
When you know time is up



個人的には、「集団的自衛権」については反対の立場だ。
そのことについては映画から、さらに考えさせられた。
如何に人を殺さないで、
いや、絶対に人を殺さないで、
大切な人達を、民衆を、守るかということだ。
映画にすごく共感できる。
単なるアクション映画とは違う。

あくまでも映画の設定は、個別的自衛権の行使である。
集団的自衛権など、
「るろうに剣心」からしたら、クソみたいなものであろうか。

僕としては、
「自衛権」でなく「回避権」がしっくりとくる。
「集団的・戦争回避権」とか言い出す面白い政治家は、
どこかにいないものであろうか・・・・。
それこそ、「るろうに剣士」と呼びたい~~~!!!

ところで先に載せたが、
映画の主題歌 ONE OK ROCK の 「Mighty Long Fall」 が、なかなか良い~!
主人公の心の葛藤が、見事に歌われている。
歌詞の中のYouとは、
負けてしまいそうな、自分の中のもう一人の弱い心かと・・・。

9月13日に公開の続編である「伝説の最後編」がぜひ観たい!

f0097429_2250253.jpg






[PR]
by eaglei | 2014-08-15 22:55
<< 「Nella Fantasia 」 ロマンス >>