ジョー・オダネル(Joe O'Donnell)の写真
戦後の1945年(昭和20年)から63年、
戦争を知らない日本人は、63歳にもなりました。
戦争体験を風化させまいと、いろいろな活動が繰り広げられています。
二度と戦争が起きないようにするには、どうすれば良いでしょうか?

意思を継ぐ真剣の人が、一人いれば良いと思うのです。
一人さえ育てることができたら、
そこからまた、二人、三人と続いて行くでしょう。


そんなことを感じさせてくれるテレビ番組を、8月7日に観ました。
NHKスペシャル
「解かれた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI~」 です。
f0097429_20592753.jpg


この写真の青年が、ジョー・オダネル(Joe O'Donnell)。
NHKの番組案内には、次のように記されている。

 去年8月9日、亡くなった。占領軍として原爆投下後の長崎に入り、その破壊力を記録するため写真を撮影する一方で、軍に隠れ内密に自分のカメラでおよそ30枚の写真を記録した。帰国後、被爆者の記憶に悩まされ、悲劇を忘れ去ろうと全てのネガを自宅屋根裏部屋のトランクの中に閉じこめ、43年間封印してしまう。しかし晩年になって原爆の悲劇を訴え母国アメリカの告発に踏み切っていく。原爆投下を信じる周囲から非難の声を浴びながら、85歳の生涯を閉じた。

なぜオダネルは、軍の規則に違反して写真を撮影したのか。
なぜその写真を長年隠し、晩年になってトランクを開け母国を告発したのか。

その足跡を追う息子が、遺品の中に残された録音テープを発見した。そこには写真に秘められた過去と、真実を伝えざるを得なかったオダネルの思いが告白されていた。



彼の撮った写真の中で、注目されている一枚がある。
f0097429_2113450.jpg
「焼き場に立つ少年」 1945年 長崎 撮影 ジョー・オダネル


この写真へのインタビューで、朝日新聞の記者に次のように話しています。


佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺め
ていました。すると白いマスクをかけた男達が目に入りまし
た。男達は60センチ程の深さにえぐった穴のそばで作業をし
ていました。荷車に山積みにした死体を石灰の燃える穴の
中に次々と入れていたのです。

10歳ぐらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。お
んぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は
当時の日本でよく目にする光景でした。しかし、この少年の
様子ははっきりと違っています。重大な目的を持ってこの焼
き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも
裸足です。少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目
を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすり眠
っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひも
を解き始めました。この時私は、背中の幼子が既に死んで
いる事に初めて気付いたのです。男達は幼子の手と足を持
つとゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえま
した。

まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆい程の炎がさっと舞い立ちました。真っ赤な
夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を
赤く照らしました。その時です、炎を食い入るように見つめる
少年の唇に血がにじんでいるのに気が付いたのは。少年が
あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、
ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。夕日のような炎が
静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を
去っていきました。(インタビュー・上田勢子)



他にも写真があります。 こちらのギャラリーへ。


ジョー・オダネルは任務を終えて帰国後、
写真をトランクに入れて封印します。
幸せな家庭を持ちました。
そして、忘れることにつとめました。


しかし、ある教会のキリスト像を見て、目覚めます。
打ちひしがれた姿を表したキリスト像の体中に、
被爆者の写真が貼り付けられていたのです。
ジョー・オダネルは、それを見てショックを受けます。
その時からトランクを開けて、行動が始まったのです。
講演会を開いたり、本の出版も試みたりします。

しかし、
彼の活動に対して、アメリカ社会の視線は厳しかったのでした。
たくさんの非難の投書があり、妻からも理解されず離婚され、
孤立無援になります。
そして、
爆心地に行ったこともあって、体中にガンができます。
それでも、めげずに活動されます。
f0097429_22101819.jpg


そんな中、ジョー・オダネルの娘が一通だけ味方してくれている投書があることを伝えます。

  「原爆が正しいと言っている人々は、
    図書館で世界の歴史をもっと勉強してから意見を述べるべきだ。」 


と、書かれていました。
それはなんと、
当時23歳だった、ジョー・オダネルの息子タイグさんが書いたものだったのです。

この場面では、
僕は止めどもなく涙が溢れて、どうしようもなかったです。
泣けて、泣けて、ぼろぼろだったです。

妻でさえ離れて行ったのに、味方をしてくれる人がいる、
それもジョー・オダネルの息子~!
息子さんは、身近で父の行動の正しさを感じたのでしょう。
それは、それは、感動的なことでした。

そして、
ジョー・オダネルは、去年(2007年)に亡くなりました。
今、意志を引き継いで行動しているのは、息子のタイグさんです。
テレビでは、長崎を訪れ、父の軌跡を追いかける場面もありました。
ジョー・オダネルの反戦・反核の運動は、途切れることなく続いています。

タイグさんのブログは、ココ

たった一人、その意思を強固に、真剣に引き継ぐことがあれば良いのです。
この番組を見て、救われる気持ちになりました。
未来を創るのは、子どもたちであり、青年です。

自らも青年の気概で、
そして青年を、子どもたちに、全根で平和への活動への想いを刻んで行きます。
この番組を見て、そう決意しました。


見られていない方は、再放送があります。
8月27日(水) NHK総合テレビ 深夜0:45~1:34(木曜日の早朝)
ぜひお見逃し無く!


番組の一部や、ジョー・オダネルの肉声のインタビューが、ココで聴けます。
ヘンリーさんに紹介した、ココでも見れます。


関連ブログ記事①
関連ブログ記事②
関連ブログ記事③
関連ブログ記事④
関連ブログ記事⑤
関連ブログ記事⑥
関連ブログ記事⑦


f0097429_22442683.jpg


f0097429_2245974.jpg


f0097429_22454534.jpg


f0097429_2246816.jpg


It never be right. It will never be right.
[PR]
by eaglei | 2008-08-09 22:11
<< BUMP OF CHICKEN... 北京オリンピックが開幕 >>